メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
インターンシップ

高松大学 経営学部のインターンシップ

 

目的

高松大学 経営学部では,地域社会と連携した特徴ある学びの創造により,社会で通用するビジネスパーソンの育成を目指しています。具体的には,企業研究,地域企業の見学,地域企業・大学連携型のインターンシップ,企業主導型のインターンシップを通して,学生のキャリア意識および社会性を高めるような指導を行っています。

 

インターンシップに関する授業

高松大学 経営学部は,学生の人間力育成におけるインターンシップの効果に注目しています。そのため,学生が,在学中,最大3回,インターンシップに参加出来る体制を整えています。さらに,学生が,インターンシップ先で,その能力を発揮出来るように,その準備を行うための授業も設けています。

具体的には,1年次に,プレ・インターンシップとしての企業観察実習を,2年次に,グループで参加するインターンシップ気よび供い覆蕕咾砲修僚猗段階としてキャリア開発演習気よび兇髻い修靴3年次に,学生個人で参加するインターンシップ靴鮴瀋蠅靴討い泙后

さらに,学生にインターンシップに参加する際に必要となる知識を習得してもらうために,キャリア意識向上のための授業ならびにマナーアップの授業も開講しています。

なお,インターンシップ気よび兇話楼茣覿函β膤慙携型のインターンシップであり,インターンシップ靴牢覿伴臚碍燭痢いい錣罎訥名錣離ぅ鵐拭璽鵐轡奪廚任后

 

高松大学 のインターンシップ体制

1年次

プレ・インターンシップ(地域企業の見学)

 

2年次

前期 インターンシップ機蔽楼茣覿函β膤慙携型,グループ参加)

後期 インターンシップ供蔽楼茣覿函β膤慙携型,グループ参加)

 

3年次

インターンシップ掘粉覿伴臚碍拭じ朕融臆叩

 

準備のための授業

インターンシップ関連の授業

サポート

1年次

 

 

企業観察実習

 

キャリア開発,ビジネス実務演習

2年次

キャリア開発演習

キャリア開発演習

 

インターンシップ

インターンシップ

 

ビジネス実務演習供Ν

3年次

 

インターンシップ

 

ビジネス実務演習

*インターンシップ機Ν供Ν靴蓮ぜ遜の他,事前および事後指導を行っています。

 

授業内容・計画(シラバス)

キャリア開発演習

(1)   担当教員:澤登 千恵(SAWANOBORI Chie)山下 剛(YAMASHITA Tsuyoshi

(2)   授業の紹介:職種および業種(業界)の研究を行い,自己分析を行った上で自身が就きたい職種と業種(業界)を決定します。その上で,就きたいと考える企業数社を選択し,当該企業の研究を行い,志望動機を作成します。具体的には,当該企業の強みや当該企業を選択した理由,当該企業の課題やその解決案,当該企業における自身の貢献等を考えます。なお,当授業は,インターンシップ気忙臆辰垢襪燭瓩僚猗段階として位置付けています。キャリア開発演習気陵修予定者はインターンシップ気鰺修してください。

(3)   教育目標:自身が就きたい職種および業種(業界),あるいは企業を念頭において,企業研究および志望動機を作成する,さらには企業が抱える課題ならびに就職後に自身が直面するであろう困難さをどのようにして解決するのかを思案するといった一連の作業の中で,「ものごとを具体的に考えることができるようになる」ことを目指します。続いて行われるインターンシップ気涼罎如ぜ遜先の企業において,皆さんのその能力が発揮されることを期待します。

(4)   成績の評価:出席点,レポート,期末試験,授業態度などによって総合的に評価します。なお,2回続けて休んだ場合,インターンシップに参加しなかった場合,期末試験を受けなかった場合,その他教員が不適切と判断した場合には,単位を出しません。

(5)   授業計画

第1回        オリエンテーション

第2回        職種の説明

第3回        営業職・販売職の研究

第4回        事務職の研究

第5回        職種選択に向けた自己分析

第6回        業種(業界)の研究

第7回        製造・販売の研究

第8回        卸売・小売の研究

第9回        サービス業の研究

第10回    志望動機の作成(1)

第11回    志望動機の作成(2)

第12回    志望動機の発表・批評(1)

第13回    志望動機の発表・批評(2)

第14回    志望動機の発表・批評(3)

第15回    期末試験

 

インターンシップ

(1)   担当教員:澤登 千恵(SAWANOBORI Chie)山下 剛(YAMASHITA Tsuyoshi

(2)   授業の紹介:自ら,インターンシップ先の企業の情報を収集し,当該企業の研究を行い,当該企業が直面している課題や,インターンシップ先で自身が直面するであろう困難さを予想した上で,解決案を考えます。その後,インターンシップに参加することによって,その中で体感した実際の課題(困難さ)について検証するとともに,より具体的な解決案を示すこと,さらには,事前に予想できなかった課題(困難さ)についての解決案等を考えます。インターンシップ詰修予定者はキャリア開発演習気鰺修してください。

(3)   教育目標:当該授業は,インターンシップ靴忙臆辰垢襪燭瓩料庵奮の授業として位置付けています。実践を通して,「問題解決型の人間」へと成長するきっかけとなる授業を目指します。インターンシップ靴任蓮ぁ嵬簑蟆魴莊燭凌祐屐廚箸靴董だ儷謀に参加していただけることを期待します。

(4)   成績の評価:出席点,レポート,授業態度などによって総合的に評価します。なお,2回続けて休んだ場合,インターンシップに参加しなかった場合,その他教員が不適切と判断した場合には,単位を出しません。

(5)   授業計画 

第1回        オリエンテーション

第2回        企業研究およびレジュメ作成(1)

第3回        企業研究およびレジュメ作成(2)

第4回        企業研究およびレジュメ作成(3)

第5回        発表練習(1)

第6回        発表練習(2)

第7回        発表練習(3)

第8回        研究発表(1)

第9回        研究発表(2)

第10回    研究発表(3)

第11回    インターンシップ先での実習(合計3日間)

第12回    インターンシップ先での実習

第13回    インターンシップ先での実習

第14回    報告原稿のまとめ,報告

第15回    御礼状の作成

 

成果(平成19年度参加学生の日誌から)

(準備中)

 

企業宛送付書類一覧

依頼(2ヶ月~1ヶ月前送付)

インターンシップの実施について(1ヶ月~1週間前送付)

学生の自己紹介書(平成19年度例)(1ヶ月~1週間前送付)

 

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える
Powered by XOOPS Cube 2.0 2005-2006 The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET Design,Managed by Keiaiemu,Inc.